solaye photo gallery -お客様の理想をカタチに―

施工事例

こんにちは、ソライエの小野松です。

前回は、ソライエのデザインにかける想いやこだわりについてお話しましたが、今回は実際にお客様のご要望をカタチにした事例をご紹介します。

キッチンの吹き抜け【丸森町の家】

吹き抜けは通常、リビングなどに設けます。

しかし、こちらは“キッチンの上”というちょっと珍しい場所にピンポイントで配置。

これは、二階のスタディコーナーとキッチンが吹き抜けを介して伝わり、夕飯時などにすぐ声をかけたり、匂いを届けたりするための設計ご家族の繋がりを大切にしたいお客様のご要望に応えました。

Ⅱ型キッチン【富谷の家】

回遊できるキッチンを希望されましたが、アイランド型は「キッチン+両脇の通路」で広い間口が必要となります。LDK一体型の間取りでしたので、回遊性のあるキッチンにしながらも必要以上に間口を大きくしなくて済むようにⅡ型キッチン(セパレート型キッチン)を採用していただきました。Ⅱ型キッチンはシンクとコンロの部分が二列に分かれているため、一列になっているものよりも横幅を小さくできます。

このキッチンは造作で、天板はステンレス、それ以外は木を使っています。

造作のキッチンは、サイズや形状の自由度が高く、プランニングの幅も広がります。

キッチンの高さや引き出しなど自分にぴったりのキッチンを造ることができますので、「もっと快適な空間にしたい」「既製品だとサイズが合わない」という場合は造作キッチンがおすすめです。

景色がきれいに見えるように配慮した引込型のサッシ【蔵王町の家】

北側の大きな窓は、景色を綺麗に見えるように引込型の窓を採用し、室内と庭やテラスなどに繋がりを持たせました。

そして、ダイナミックな景観を楽しめるように開口部の脇に窓ガラスを収納。窓枠を見えないように一工夫することで、開放感と見晴らしを確保しました。

さらに、室内の雰囲気と見た目を統一するために木製サッシに。断熱性が高いというメリットもあります

このように、当社ではお客様の想いを建築家と一緒に実現してきました。

たくさんの想いをカタチにしてきた建築家と一緒に、自分らしい家をつくりませんか。

お問い合わせはこちら▽

https://www.solaye.co.jp/contact/

家づくりイベントはこちら▽

https://www.solaye.co.jp/event/