solaye works ―泉区の家・後編―

施工事例

こんにちは、ソライエの小野松です。

今日は、11月にご紹介したH様邸の続きをご紹介します。

H様は当社とお付き合いのある業者さんで、当社にお声がけしていただき、家づくりをスタートしました。

土地探しから始まったH様邸。

H様のご要望をお聞きしながらプレゼンを行い、無事に契約を終えたところまでをご紹介していました。

契約後は地鎮祭を行い、いよいよ着工します。

着工後も現場の進行に合わせ、使用するものや機器の最終確認、色の決定など仕様の打ち合わせをします。

ところが着工後にH様より「もう少し金額を下げたい」とご相談がありました。

――え?契約後の変更ってできないの?!

不安に感じられた方もいらっしゃいますよね。

通常であれば、総予算から土地代金や諸経費などを考慮して建物金額を算出し、それに基づいた大きさや仕様をご提案します。

その後、ご提案した内容の実際の金額を御見積し、内容と金額を確定した上でご契約となります。

流れとしては、プラン提案→概算見積→実施設計→実施見積→(VE※減額調整)→内容・金額の確定→ご契約→着工となります。

もちろん、着工後にも多少の調整は可能ですが、H様邸は通常よりも少し多めに様々な部分を見直しました。

例えば、再度ショールームに行き、住設変更をしたり、玄関タイルをモルタル仕上げにしたりするなどの仕様変更のほか、IHクッキングヒーターや照明器具などはH様ご自身で用意していただくことで金額を抑えることに成功しました。

そうして完成したご自宅がこちらです。

H様、今後も末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

H様の詳細はこちら▽
https://www.solaye.co.jp/wp/works/15698