森の中で暮らすという選択 ~蔵王町遠刈田温泉の場合~

施工事例

こんにちは、ソライエの小野松です。
いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大により、テレワークを導入した企業が増えたことで、地方移住者が増えているといわれています。そうした中、全国45都道府県の中の移住希望先として宮城県が5位にランクインしたことがニュースで取り上げられました(2020年度NPO法人ふるさと回帰支援センター(東京都)の窓口で相談した人への調査結果より引用)。

大手企業の支店・営業所が集中する東北の経済・文化の中枢であり、100万都市の「仙台」が牽引してのランクインと思われますが、そうした都会の利便性と自然の豊かさとの調和が図れることも宮城県の魅力と言えます。


そこで、今回は、仕事の拠点を仙台に置きながら、自然豊かなエリアで暮らすライフスタイルにピッタリの場所を取り上げてみました。

その場所とは、「蔵王町遠刈田温泉」です。
秀峰「蔵王連峰」のふもとにある、蔵王観光の拠点であり、開湯400余年の歴史を誇る遠刈田温泉や伊達家ゆかりの青根温泉などの有名な温泉地が多数点在。ラグジュアリーなホテルも多数あります。こうした温泉地の魅力を生かそうと1970年代後半、温泉付別荘地の開発が開始され、現在も多くの別荘地があります。
さらに近年は、セカンドハウスや自宅としてこの地に家を建てる方々が年々増えてきています。
当社においても年々お客様からの依頼が増えています。
遠刈田温泉における当社の施工事例を掲載していますので、詳しくは下記をご覧ください。

1 森の中のリゾートに住まうhttps://www.solaye.co.jp/wp/works/16018



2 自然と繋がる大開口のある住まい https://www.solaye.co.jp/wp/works/16001


どちらも自然と調和した外観デザインのもと、室内には機能的で上質な空間が広がっています。
周辺には別荘地があり、遠刈田温泉にあるという地の利を生かして敷地内に温泉水の配管を引き込み、家にいながらにして温泉が楽しめるというのもこの地で暮らす醍醐味と言えます。

蔵王町遠刈田エリアの魅力は、仙台駅から車で約50分東北自動車道村田ICから車で約15分の位置にあり、白石蔵王駅からは約30分というアクセスのよさにもあります。
そのため、仕事の拠点は仙台において、森の中で大自然を満喫しながら家族との豊かな時間を過ごそうという人々が、この地で思い通りのライフスタイルを実現しています。

仕事もプライベートもより充実させるために、
森の中で暮らす家」をソライエと考えてみませんか?