読書がはかどりそうな家 

コラム

こんにちは、ソライエの小野松です。

おうち時間が増えた今、読書を楽しんでいるという方も多いですよね。

音楽を聴きながら本を読んだり、コーヒーを飲みながら小説を楽しんだり。

ゆっくりと本を読み進めることもあれば、時には時間を忘れて活字の世界にどっぷりとはまることもありますよね。

そこで、今日は読書がはかどりそうな家をご紹介します。

【高低差を活かした空間】

中庭の北側に面したこちらのお部屋ですが、建物全体に高低差を出すことで、より採光を確保しました。

本棚を高く伸ばし、大容量かつ上下どちらの空間でも使える棚に。

中庭には、腰掛けられるようにベンチのような段差を設けましたので、ひなたぼっこしながら読書を楽しむことができます。

【3.5帖のライブラリー】

ご主人と奥様の趣味が“読書・漫画”ということで、薪ストーブを囲んでゆっくり本を読める空間をご提案。LDKの横に書斎を設け、その壁一面を本棚にしたほか、中庭に面したデスクの上にも本棚をつくりました

現在、棚いっぱいに小説や漫画などが収納されているそうです。

【3段先のMY書斎】

LDKから階段を3段ほど上がったところに設けた細長い書斎コーナー

本棚は、約4mの高天井の上の方まであります。

高窓からやわらかい光が降りてくるように、ところどころ窓の配置に合わせ、棚を抜きました。天井が高いので、デスク上部の棚の下にもダウンライトを配置して明るさを確保。

木製の棚やカウンター、フローリングなど木のぬくもりにあふれた空間に仕上がりました。

小説や漫画、雑誌など本が好きな方にとって、本がどんどん増えるのは嬉しい反面、場所に困ってしまうことも。でも、収納もできて見た目もすっきりしているおしゃれな本棚を見ると気持ちがいいですよね。

当社では、お客様のライフスタイルに合わせて最適な空間をご提案いたします。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら▽

https://www.solaye.co.jp/wp/contact