よく使われる天井の素材

コラム

こんにちは、ソライエの小野松です。
家づくりの中でも「何を選べばいいの?」という声が多いのが天井の素材です。
実際、インテリアコーディネーターなどの提案の中から選ぶという方も少なくありません。
そこで今回はよく使われる天井の素材をご紹介します。ぜひ、ご参考にしてみてください。

◆クロス(壁紙)

こちらは、天井と壁に同じ色のアクセントクロスを貼っています。

▲布=cloth(クロス)は、高温多湿な日本の風土に適している素材の1つで、日本住宅の壁紙は元々、布が主流だったことから現在もクロスと呼ばれています。最近では、木目や大理石、レンガ風、和紙などデザインが豊富で施工しやすいビニール製のクロスが主流です。ビニールクロスは低価格で耐久性が高く、また防カビや抗菌など機能性にも優れているほか、消臭や抗アレルゲンなど、より機能性に特化したクロスも登場し、多くの方に選ばれています。

\クロスの種類/

・ビニールクロス
・紙クロス
・織物(布)クロス
・珪藻土クロス
・木質系クロス
 など

◆左官(塗装)

▲左官(塗装)は職人がコテを使い手作業で塗って仕上げるため、滑らかで表情豊かな仕上がりになります。既製品にはない風合いや質感を楽しめるので、デザイン性を重視する方におすすめです。また、調湿性や断熱性能が高く、吸音性にも優れていることも左官(塗装)の魅力の1つです。

\塗装の種類/

・漆喰
・珪藻土
・ペンキ
 など

◆羽目板(木材)

▲木の温もりや自然の風合いを楽しみたい方には羽目板の天井がおすすめ!選ぶ木材によってダイナミックな空間になりこともあります。
羽目板とは、壁や天井に張るための木の板のことです。木材に凹凸をつけ、つなぎ合わせて木の天井をつくります。優しい色合いや美しい木目が特徴ですが、木の香りや経年変化を楽しめるのも魅力の1つです。

\羽目板の種類/

・ヒノキ
・杉
・パイン
 など