内装建具とは?

コラム

こんにちは、ソライエの小野松です。

家づくりに欠かせないパーツの1つに「建具」があります。

内装建具とは、室内の出入口(部屋と部屋の間)をはじめ、玄関収納やクローゼットなどの収納扉などのことです。いろいろなメーカーから販売されている既製建具のほかにも、色・形・デザインを自由に決められる造作建具があります。

【既製建具】

既製品でも木の温もりを感じられる製品がたくさんありますので、インテリアやフローリングなどに合わせて選ぶことができます。

既製品なので在庫があれば取り寄せることができますので、それほど時間はかからず施工ができます。また造作に比べると価格が安く、仕上がりのイメージも掴みやすいのもメリットです。

【造作建具】

造作建具には木材のほかにもいろいろな素材があり、お部屋の雰囲気に合わせて素材を選ぶことができるので、ソライエでも造作建具を希望される方は少なくありません。造作建具は予算やライフスタイルに合わせて寸法や素材、デザインが決められるので、使い勝手の良いおしゃれな建具を造ることができます。

△こちらは和の雰囲気に合わせて造作した障子と襖です。 間接照明と障子越しに差し込む柔らかい光がおしゃれで落ち着いた空間を演出しています

△こちらは清潔感のある白い木製建具の引き戸を採用した事例です。

洗面カウンターや収納棚は造作しましたが、建具はシンプルなデザインの既製品を採用しました。

△こちらは玄関ホールとリビングを仕切る片開き戸の木製建具で、オーナー様の希望でウォールナット材とガラスで造った建具です。

ガラスにすることで採光を確保し、明るく開放的な空間を演出できます。

ガラスを入れる場合、この写真のような透明のガラスにすることもあれば、アンティークな雰囲気のチェッカーガラスを採用することもあります。また割れにくいアクリル板をはめ込むこともあります。