快適なワークスペースが叶える理想の暮らし

コラム

こんにちは、ソライエです。

コロナ禍でテレワーク勤務をされる方が増えるに伴い、自宅にワークスペースを設けたいというご相談も多くなりました。

仕事に集中できる個室タイプを希望される方もいらっしゃれば、LDK内にワークスペース設けたり、2階のフリースペースに設けたりする方もいらっしゃいます。

そこで本日は、ワークスペースの種類についてご紹介します。

\個室タイプ/

オンとオフをしっかりと分けたい方におすすめなのが個室タイプです。

他の空間と壁で仕切られているのでWEB会議も安心して参加できます。

窓を設けることで採光と通風を確保できるほか、外の景色を眺めることができますので、リフレッシュと業務の効率化にもつながります。

\オープンタイプ/

LDKの一角や2階の廊下などにカウンターやデスクを備え付けたオープンスタイルのワークスペースは、家事や育児の合間に仕事をしたり、家族みんなで使ったりしたいという方におすすめです。

親子が並べるくらいの広いカウンターを設けると、仕事や家事をしながらお子様の宿題を見守ることもできますよ。

\半個室タイプ/

個室までのスペースが取れないという方や、家族の気配を感じながら仕事をしたいという方にぴったりなのが半個室タイプのワークスペースです。

階段下や小上がり和室、寝室などちょっとした空間を有効活用でき、程よく区切られていますので、仕事や趣味など作業に集中できます。

<ポイント>

快適なワークススペースをつくるには、使う方のライフスタイルによって変わってきます。

「誰がどのように使いたいのか」を考えないでつくると、レイアウトや使い勝手が悪くなり、使用頻度が減ったり、荷物置場になったりすることになります。

そうならないためには、自分たちの暮らしにあったワークスペースをつくることが大切です。

ソライエでは、暮らしも仕事も快適な空間づくりをご提案しています。

お一人おひとりに合ったカウンターや収納棚など造作も可能ですので、お気軽にご相談ください。

資料請求・お問い合わせ先▼