平屋住宅のメリット・デメリットは?

コラム

こんにちは、ソライエの小野松です。

片流れの屋根やシンプルな外観がおしゃれな平屋は、若い世帯にも人気です

ワンフロアにすべての住環境が収まるので、年齢を重ねても安心して暮らせることも魅力の1つです。

今日は、そんな平屋住宅のメリット・デメリットについてご紹介します。

平屋は、同じ空間にリビングや寝室、水回りなどがすべてそろうため、動線がシンプルで生活しやすいだけではなく、家族と顔を合わせる機会も多い分、自然とコミュニケーションも増えます。そして階段がないので上り下りをする必要がなく、老後の暮らしも快適です。

しかし、平屋を建てるには、ある程度の土地の広さが必要になります。

一般的な住宅の坪数は30~40坪ほどの広さと言われています。

建築基準法により建蔽率が定められているので、40坪の平屋を40坪の土地に建てられるわけではありません。

例えば、40坪の平屋を建てる場合、65~100坪(建蔽率によって異なる)の広さは必要です。これに駐車場2台分のスペースを確保したいとなると、それなりの広い土地を見つけないといけません。

一方、総二階の場合、同じ40坪の延床面積でも建築面積が半分の20坪で済みますので、駐車場2台分を含めてだいたい50~60坪の敷地面積があれば充分です。

また、同じ延床面積で比べると、2階建てよりも平屋の方が基礎と屋根の面積が増えるので割高になってしまうことも多いですが、外壁の面積、トイレの数、階段の仕様など条件によって総工費は二階建ての方が高くなることもあります。

ただし、平屋は階段や廊下、ホール等の面積を減らすことができますので、同じ面積と言っても“部屋として有効に使える面積が増える”という考え方もできます。

今回ご紹介した広さはあくまでも目安です。

実際には40坪程度の土地でも、平屋を建てることは可能です。

住みたい地域やご希望のデザインによって必要な広さも費用も変わってきますので、まずはご相談ください。

お客様のライフスタイルに合わせて最適なプランをご提案いたします。

お問い合わせはこちら▽

https://www.solaye.co.jp/wp/contact/