家づくりにかかる費用について

コラム

こんにちは、ソライエの小野松です。

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

突然ですが、家づくりには建物代以外にもいろいろな費用がかかることってご存知でしたか?

家をつくるためには、建物代や工事費、設計料などの必要費用のほかに、土地を買う場合には土地代仲介手数料などの土地取得費用も必要になります。

例えば、家づくりにかかる費用の一例はこんな感じです。

こちらはソライエで使用している“資金計画書”の一部です。

家づくりに必要な資金をチェックするための書類です。

建物本体工事や設計料、土地代の他にも諸費用ということで登記費用や火災保険料、住宅ローンを借りる際にかかる保証料などの費用ありますが、これは必ず必要になってくる費用です。

また、必要に応じて計上するのが“”の項目にあるような工事や費用です。

地盤改良工事や外構工事などの付帯工事(※)の他、カーテンや家具家電購入の費用などです。

※会社によっては建物にかける足場などの仮設工事、電気工事(照明器具)などを付帯工事として本体工事と分けるところもありますが、ソライエの場合は建物に必要な工事は全て本体工事に含んでご提案しています。

このように家を建てる時、建物と土地以外にもお金がかかります。

忘れがちなのは、家を取得し安全に暮らすためにかかる諸経費です。

具体的には、火災保険や登記、申請手数料、契約のための印紙代など多岐にわたります。

これらの費用の目安は、建物本体価格の10%で、最低でも100~150万円ほどが相場です。

また、家具や家電の買い替えや引っ越し代、建て替え時の仮住まい費用など、状況に応じて必要な金額は上下します。

ソライエでは、これらを踏まえた上、お客様の総予算に見合った最適なプランをご提案いたします。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら▽

https://www.solaye.co.jp/wp/contact