家事動線の良い間取りとは?

コラム

こんにちは、ソライエの小野松です。

せっかく家を建てるなら、住みやすい間取りで快適に暮らしたいですよね!

特に、毎日行う家事が楽になれば、生活にも心にもゆとりがうまれます。

そこで本日は、家事動線の良い間取りについて考えてみようと思います。

\キッチンと洗面室&バスルームを横並びに/

キッチンと洗面室&バスルームを横並びにした間取りは、移動距離がコンパクトなので、料理の合間に洗濯したり、お風呂の準備をしたりできます。

キッチン横にダイニングスペースもレイアウトすることで、配膳の時間も短縮できます。

\キッチン横にパントリー/

パントリーをキッチンと横並びのレイアウトは、ほしいものがパッと出せて、さっとしまえるコンパクトな動線なので、家事がスムーズで、いつもすっきり片付いたキッチンに。

両側から回り込める回遊性の高いアイランドキッチンは、2人並んで作業ができるので、夫婦で料理をしたり、ホームパーティをしたりすることができますよ。

\寝室とつながるランドリールーム&クローゼット/

洗濯物を干す場所と収納する場所を近くにすると、移動がコンパクトになり、家事の効率もアップしますので、日々の負担もぐっと減ります。

ウォークインクローゼットの近くに洗面室があると、朝の身支度なども楽になります。

\玄関⇔クローゼット&洗面室を回遊できる/

これからのニューノーマルな暮らしに欠かせないのが、帰宅直後に手洗い・うがいができる環境づくりです。玄関→クローゼット→洗面台といったように回遊できる間取りですと、リビングに入る前に手洗い習慣が自然と身に付きます。デザイン性が高い空間なら、手を洗うのも楽しみになりますよね。

 

<家事動線の良い間取りのポイント>

家事動線の良い間取りにするためには、キッチンや洗面室などの水回りのほかに、クローゼットやパントリーなどの収納場所もポイントになってきます。

ソライエでは、生活動線に合わせた間取りをご提案しています。

暮らしにフィットした間取りで、快適な暮らしを叶えませんか。

いつでもお気軽にご相談ください。