槻木の平屋住宅

新築

<竣工年> 2020年

<設計者> L・P・D architect office

<市町村> 宮城県柴田郡

<敷地面積・敷地面積> 286.01㎡(86.51坪)延床面積:99.32㎡(30.04坪)


周辺環境に馴染むシンプルな外観の平屋住宅。

南面に大きな開口を設け、軒を深くすることで夏は日射を防ぎ、冬は部屋の奥までとり込めるようになっています。

プランはまず、家族動線と客動線の棲み分けを考慮。
“隠す場所”と“見せる場所”を意識して分けることで、急な来客でも安心。

また、共働きで忙しいご夫婦が家事をスムーズにできるよう、不要な廊下は最小限に抑え、家事動線(キッチン・パントリー・洗濯・クローゼット)をコンパクトに。

室内は、個室や水周りは天井高2.2mの落ち着いた空間。
一方、家族が共有で使用するLDKから北のウォークインクローゼットに向かっては、2.2mの壁で区切りながらも、方形屋根を活かした緩やかな勾配天井となっています。
また、高い天井・低い天井、そして坪庭が2つあるため、シンプルな外観ではありますが、場所によって居心地が異なる、とても表情豊かな平屋住宅です。