太平洋を一望できる景観を活かした「Higher castle」

新築戸建

<竣工年>
2018年

<設計>
株式会社建築工房DADA

<所在地>
宮城県仙台市太白区

<敷地面積・延床面積>
敷地面積: 270.96㎡(81.80坪)延床面積:158.16㎡(47.84坪)

<構造>
木造2階建

<本体価格>
3,600万円(75.3万円/坪)

<キーワード>
南側の全面開口 眺望 デッキテラス 吹抜けリビング 第一種換気(機械換気) 全館空調を活かすワンルーム型の住まい 可動間仕切り 書斎 インナーテラス


高台の一軒家に憧れを抱く人は多いのではないでしょうか。

ここでは、太平洋が一望できる高台にあるロケーションを活かし、南面を前面窓にして、胸のすくような景色をどの部屋からも堪能できるよう設計しました。

また、テラスデッキを設置し、アウトドアリビングとしても使えるようにしています。

室内は吹き抜けをはじめ、開放的な空間となっていて、可動式の間仕切りをすることで、個室にもできるフレキシブルな使い方が可能です。基本的にワンルーム型の構造のため冷暖房の効率もよく、どこにいても温度差がなく快適に過ごせるようになっています。

「眺めのよさ」に加えて、高台に住むメリットとしては、

前にさえぎる建物がないため日当たりや通風がよいこと。夜は月や星を眺めたりする楽しみもあり、自然との一体感を得られることも魅力と言えそうです。

風を感じたり、鳥の声に耳を澄ませたり、高台ではゆったりとした時間が流れているよう。高台での家づくり、考えてみませんか?