築45年の一軒家を間取りからリノベーション

リノベーション

<竣工年>
2021年7月

<設計>
YAA Yoshiya Abe Architects

<所在地>
宮城県仙台市青葉区

<構造>
木造2階建

<延床面積>
149.95㎡(45.36坪)

<本体価格>
1,550万円

<キーワード>
リノベーション リフォーム 戸建リノベ 2階リビング 小上がり和室 造作洗面台 梁のある家 ステンレスキッチン 断熱改修

元々賃貸として住んでいた一軒家を施主様が購入したタイミングで、間取りからフルリノベーションした物件です。
築45年のお住まいは、1階は、ガレージと玄関ホールのみで、2階に居室と水回りがあるユニークな間取りでした。
そのお住まいを、フルリノベーションさせていただきました。

ポイントとしては、和室・キッチン・廊下と区切られていた空間を再構築し、対面カウンターのキッチンと小上がりの和室を設けることで開放感のあるLDKに。
水回りの配置を変え、バスルームには1坪サイズのUB(ユニットバス)を導入、分かれていた洗面所と脱衣室も使いやすいように1つにまとめました。
個室のうちの一部屋はトイレ・洗面所・クローゼットを個別に設け、外部から直接出入りできるようにしました。
時を刻んだモノだけが持つ素材の魅力を活かしつつ、最新の家づくりの考え方や設備・仕様を取り入れながら、リノベーションによって素敵な住まいへと生まれ変わりました。