自然と繋がる大開口のある住まい

新築

<竣工年>
2020年4月

<設計者>
早川徹建築設計室

<市町村>
宮城県刈田郡蔵王町

<敷地面積・延床面積>
敷地面積:1,025.50㎡(310.21坪))延床面積:113.57㎡(34.36坪)

<構造>
木造2階建て

<カテゴリ>
新築


豊かな自然に囲まれた遠刈田温泉の温泉付き別荘地に建てられたこちらの住まいは、“非日常”と“日常”を融合したデザインです。

例えば、落葉樹の美しい景観が広がる西側のリビング。
リビングの床レベルに広がる美しいその景色を満喫でるように木製の建具の大開口とし、自然と一体感が得られるようにひと工夫。佳景を独り占めしながらくつろぐ時間は最高です。 

そして、こちらの住まいの醍醐味ともいえる天然温泉のバスルームは、十和田石と青森ヒバで構成し、リビングにも負けない開放的でリラックスできる空間に。家にいながら高級旅館のような空間で天然温泉が楽しめます。

さらに、高さを極力抑えたシンプルな外観にもこだわりが。
それは「10年後には今よりも緑に囲まれ、蔵王の風景に馴染むような建物になっていくように」という建築家の想いが込められています。

1年を通じて四季を感じることができるこの場所だからこそ、洗練されたリゾート感と暮らしやすさにこだわり、“日々の生活の中で、非日常を楽しむ”そんな贅沢な暮らしを叶えた設計です。