内と外をゆるやかにつなぐ土間のある家

新築戸建

<設計>
デザインプラス建築設計事務所

<所在地>
宮城県塩釜市

<竣工時期>
2018年7月

<構造>
木造2階建

<敷地面積・延床面積>
敷地面積:180.20㎡(54.51坪) 延床面積:110.96㎡(33.57坪)

<キーワード>
白い外壁 玄関土間 縁側のような空間 土間テラス リビング階段 キッチンカウンター サブウェイタイル(キッチン) スタディコーナー 書斎コーナー 和室 漆喰 

ゆとりを感じさせる空間として近年人気を呼んでいる「土間」。「土間」は土足がOKの
空間として、昔の日本の住まいには当たり前にありました。現在は、家の中と外をつなぐ空間として、あるいはペットとのふれあいの場としてなどさまざまな使い方ができる場として、「土間」を設ける人が増えています。

S様は、ご夫妻とお子様の3人暮らし。子育ての環境を考え、無垢材の床や漆喰など自然素材にこだわったシンプルかつコンパクトをコンセプトに、住まいづくりが始まりました。
特徴的なのが、LDKと庭の間に「土間」を設けたこと。それにより動線がスムーズになったことに加え、内と外とのゆるやかなつながりがリビングに開放感をもたらしています。

外観は、一見するとシンプルな箱型の総2階ですが、そこにも工夫があります。建設地は坂の多い地域でした。この土地も建物後背地、北側の土地と高低差があり、その問題をクリアするために北側の基礎を深基礎とするなどして安全対策を十分に行った上で建設を行いました。