~窓から考える家づくり【前編】~大きな美しい窓のある家

コラム

こんにちは、ソライエの小野松です。

最近、おしゃれな窓の家が増えたと思いませんか?

そもそも窓の役割とは、日光を採り入れたり、風を通したりする以外に、

眺望を楽しむため外観のデザインを担う役割もあります。

デザインにこだわる人が増えているため、家の印象を左右する窓にも俄然注目が集まっているというわけです。

かつては、窓が多いと室内に暖気や冷気が入りやすい、防犯や安全面での不安などがありました。

しかし、今は、窓の性能が飛躍的に進化。

断熱性、気密性、防犯性、耐火性などの性能が高まり、種類やバリエーションも豊富となったため、開口部を多くとることが可能となりました。

このほか、窓から美しい景色を眺めることで得られる開放感は、日々の暮らしを豊かに彩ってくれます。コロナ禍にあって「おうち時間」が増えている今の時期であれば、

なおのこと、家にいながら四季折々の風景をみることで癒され、明日への活力が湧くこともあるでしょう。
このように、住まいの「」には採光、通風といった機能的な側面に加え、

室内にいながら眺望を楽しんだり、開放感を感じたりといった心理的な効果もあります。

そのため、とくに家を建てる場合、眺望を活かし大きな窓を付ける方が増えているのです。

太平洋まで見渡せる窓に沿って設置したデッキではティータイムも楽しい

▲外の景色を借景にした伸びやかなリビング

▲日中の明るく開放感いっぱいのリビング

▲夕暮れ時の趣あるリビング

窓からの景色は、一日の中でも刻々と姿を変え、その時々に美しい表情を見せてくれます。

朝起きて、夜眠るまで美しい景色がずっと楽しめる暮らし、ステキですよね。

但し、忘れてならないのは、窓は他の設備機器と異なり、後で取り付けたり、交換したりすることができないということです。

そのため窓は、間取りと一緒にプランニングする必要があります。

そこで、思い通りの窓にするためにはそれぞれの窓の持つ特徴や性能、空間演出効果に熟知した建築家に相談されることをおすすめします。

ソライエは、窓にこだわった家づくりをされる方をしっかりサポートします。

眺望を活かした住まいづくりはソライエにお任せください。

▽来場のご予約、お問い合わせはこちらからが便利です

https://www.solaye.co.jp/contact