~窓から考える家づくり【後編】~「窓のない家」

コラム

こんにちは、ソライエの小野松です。

前回は窓の心理的効果についてご紹介しましたが、

一方で、あえて大きな窓を設けないケースもあります。

その理由としては、都心部では住宅が密集しているため、騒音防止やプライバシーの保護などが挙げられます。

前回のコラム▼

~窓から考える家づくり【前編】~大きな美しい窓のある家

窓がなかったら、室内に自然光が入らず、暗いのでは」と心配になりますよね。

でも心配は要りません。

外側に大きな窓を設けない代わりに中庭を造ることで、自然光を室内に採り入れられるようプランニングしているからです。

窓が少ない家のメリットとしては、

・断熱性が高い

・防犯性が高い

・スタイリッシュなデザインになる

・コストが安い などが挙げられます。

▲窓が少ないとお掃除がラクというメリットも。

性能が向上したとはいえ、壁の方が断熱性は高く、

窓を造るよりは、壁の方がコストダウンできるのは、大きなメリットと言えます。

通気性に関しても24時間換気システムがあるので、心配は要りません。

但し、自然光や自然の風の心地よさは捨てがたいものです。

そのため、先にご紹介したように、

中庭を設けることで、プライバシーの保護と自然との調和を両立するのも

一手と言えます。

窓にこだわった家づくりは、ソライエにお任せください。

都心部での土地をお求めの方のために、ソライエは土地探しからお手伝いをさせていただきます。どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

来場のご予約、お問い合わせはこちらからが便利です

https://www.solaye.co.jp/wp/contact