アイランドキッチンとは?!

コラム

こんにちは、ソライエの小野松です。

家づくりの中でも特にこだわりたい場所の1つがキッチンです。

住まいの顔とも言えるシステムキッチンには大きく分けて、リビングを向きながら料理ができる対面キッチン」と、キッチン正面が壁についている壁付けキッチン」があります。

最近の主流は、開放的でコミュニケーションがとりやすい対面キッチン」で、アイランドキッチンペニンシュラキッチンなどがあります。

今日は、ソライエでも人気のあるアイランドキッチンについてご紹介します。

ホームパーティにぴったり!アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、調理スペースやシンクなどが壁面から離れ島(=アイランド)のように配置されていることからそう呼ばれています。

開放感のあるアイランドキッチンは、デザイン性が高くおしゃれなLDKにしたい方におすすめです!両サイドから出入りできるので回遊性が高く、ダイニングやリビングにいる家族や来客と対面できるのでコミュニケーションも取りやすいので人気があります。

また複数人でキッチンを使っても作業動線を確保できるため、ホームパーティが好きな方にはぴったりです。

ただし、アイランドキッチンを導入するには広いスペースが必要になるほか、料理中の臭いや油はねが気になることがあります。また開放的な分、キッチンの状態がリビングから丸見えになりますので、常にお手入れをしておかないと来客時に困ることがあります。

◆Ⅱ型のアイランドキッチン

間口があまりとれない空間でアイランドキッチンを実現するために、シンク部分とコンロ部分を分けたⅡ型キッチン」としました。既製品ではなく造作することで、寸法や素材も自由に決めることができました。

◆スタンダードな形状のアイランドキッチン

全て黒とグレーでまとめたシックなアイランドキッチン

水栓金具も黒いものを採用し、天板には石のような質感の黒っぽい色の大判タイルを使用しています。キッチンとバックカウンターはどちらも造作なので、扉の色などを揃えて作ることができました。

バックカウンターの左側からパントリーへ行けるようになっています。

◆正方形のアイランドキッチン

ほぼ正方形のアイランドキッチン。

作業スペースが広く取れるのが特徴。シンクとコンロがそれぞれ違う向きに配置されており、余白部分は調理台として使えるため、複数人で四方から囲んでもゆったりと料理をすることが可能になっています。

今回はアイランドキッチンをご紹介しましたが、また別の機会に他のタイプのキッチンもご紹介します。

ぜひ、お楽しみに!